本文へスキップ

本格的な髪質改善システムトリートメントの登場です

電話でのお問い合わせは06-6958-3651

プレックスメント システムトリートメント

新成分、グリオキシル酸・ジカルボン酸等(18種類の高濃度アミノ酸)+熱で処理

パイモア・プレックスメント・システムトリートメント

高濃度のケラチンリペアメントでサラサラヘアに

カットやセットで来店されたお客様への髪質改善トリートメントです。主成分であるアミノコンクが髪のダメージを補修し、第二成分のジカルボン酸がトリートメント効果を持続させます。

ハイトーンカラー等を艶のある髪に

ヘアカラー剤のアルカリ性のphとジカルボン酸が反応し、カラー施術時の枝毛、切れ毛の軽減でピリつきの緩和、18種のアミノコンクとフルボ酸でダメージを補修します。

回をかさねたブリーチ毛をツヤツヤに

ブリーチ剤の高アルカリのphとジカルボン酸が高反応。ブリーチ施術時の枝毛、切れ毛の軽減でピリつきの緩和、18種のアミノコンクとフルボ酸でダメージを補修します。    

クセ・うねり・凸凹をとりたい

ストレートパーマではなく、縮毛矯正でもない!髪の「うねり」「クセ毛」を一発解消!新成分のグリオキシル酸・ジカルボン酸で「ビビリ修正」に効果を発揮します。


1週間に1度、ウィークリートリートメント使用で、1ヶ月間、効果が持続できます。

プレックスメント

プレックストリートメント全種一覧 髪に毛は皮膚の一部が変化したものです。髪の成分は、皮膚や爪と同じで「ケラチン」というタンパク質からできています。 そしてこのタンパク質が、18種のアミノ酸から構成されています。 これらのアミノ酸が、定まった順序で繋がっているタンパク質を「ケラチン」です。 そして18種類のアミノ酸の中で最も多く含まれるのが「シスチン」であり、水分保持に大きく関わっています。 パーマやストレートでは、この「ケラチン」が関係しており、主にアルカリ性の薬剤によりアミノ酸に分解され、キューティクルが開く度に流出してしまいます。 それによりパサつきやカサつきがでてしまいます。次にカラーリングに関係しているのが、「チロシン」というアミノ酸です。髪の色素を作り出すメラニン色素は色素細胞の働きでチロシンから作られます。 そこでプレックスメントに18種類のアミノ酸すべてを配合することで、ダメージレスで発色の良いカラーリングやブリーチができるようになりました。 ジカルボン酸は独特な粘り成分がボンドの役割となり、アミノ酸を強固にして「ケラチン」の再構築をしてくれます。

商品説明

■リラクシングA+…グリオキシル酸が毛髪ケラチンのアミノ基と反応し、ケラチンタンパクの4つの結合でゆがみを補修
■リラクシングボンドA…熱から髪のダメージを防ぐ毛髪保護成分ジカルボン酸配合シリコンに似た被膜形成力があり毛髪強度を改善します
■アフターボンドB…ケラチンPPT・18種類のアミノ酸・その他の補修成分を毛髪内部に浸透させ、ジカルボン酸で強固にします。ジラウロイルグルタミン酸リシンNaを配合することで頭皮・毛髪に潤いを与えます
■ファーストボンド(No1)…ケラチンPPT・シルクPPT・18種類のアミノ酸を毛髪内部に浸透しやすくします。
■セカンドボンド(No2)…ケラチンPPT・18種類のアミノ酸・その他の補修成分をを毛髪内部に浸透させ、ジカルボン酸で強固にします。またヒートリペアリピッドを配合することで、加熱することにより毛髪ケラチンのアミノ基と結合を形成します。
■サードボンド(No3)…ケラチンPPT・18種類のアミノ酸・その他の補修成分をを毛髪内部に浸透させ、ジカルボン酸で強固にします。ヒートアクティブケラチンを配合することで、毛髪表面に被膜を形成します。

髪質改善システムで5つのサロントリートメントメニュー

トリートメントプレックス

トリートメントプレックス

18種の天然アミノ酸とケラチンPPTで髪質改善

抗酸化力を持つフラーレンとボンド作用を強く持つジカルボン酸の相乗効果で、トリートメントの持ちをより持続させる次世代型のシステムトリートメト 

作業プロセス
プレシャンプー クレンジングシャンプー
ファーストボンド No1  髪全体になじませます。
セカンドボンド  No2 髪の中間から毛先にかけて塗布、よくコーミング
加温放置 5~10分
サードボンド  No3 髪の中間から毛先にかけて塗布、よくコーミング
プレーンリンス
アフタートリートメント モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらかでフィニッシュ

カラー プレックス

カラー プレックス

18種の高濃度アミニ酸とジカルボン酸で髪のダメージを補修

ヘアカラーにジカルボン酸が反応し、カラー施術時の枝毛、切れ毛のリスクを軽減、また頭皮のピリつきを緩和します。

作業プロセス
リラクシングボンドA 1剤・2剤総量に対し5~10%
通常カラー施術
アフターシャンプー
アフターボンドB 髪の中間から毛先にかけて塗布、よくコーミング
プレーンリンス
アフタートリートメント モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらかでフィニッシュ

ブリーチ プレックス  

ブリーチ プレックス

ブリーチによるダメージの解消! 

ブリーチしながらも自然な仕上がりの艶感と手触りを実感。回を重ねて繰り返すブリーチのダメージ、施術時の枝毛、切れ毛の軽減とピリつきの緩和。艶のあるブリーチメイク

作業プロセス
ブリーチ剤・2剤総量の10~20%
通常カラー施術
アフターシャンプー
アフターボンドB 髪の中間から毛先にかけて塗布、よくコーミング
プレーンリンス
アフタートリートメント モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらかでフィニッシュ

フォルムコントロールプレックス  

フォルムコントロールプレックス

うねり、クセ毛、広がり、パサつき凸凹をおさえ、髪本来のハリを形成

ストレートパーマでもなく縮毛矯正でもない(還元剤やアルカリ剤)を全く使用しないグリオキシル酸とジカルボン酸(反応型リペアメント)で髪の「うねり」やく「クセ毛」の広がりパサつき凸凹をおさえ髪本来のハリを取り戻します。

作業プロセス
プレシャンプー クレンジングシャンプー
リラクシングA+ボンドA 1:1で適量を塗布します(地肌から5mm外します)
加温放置 20分
プレーンリンス プレーンリンス後、モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらを塗布
完全ドライ後アイロン施術 高温
アフターボンドB プレーンリンス後、髪の中間~毛先に塗布
プレーンリンス
アフタートリートメント モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらかでフィニッシュ
     

リラクシングプレックス  

リラクシングプレックス

髪に芯のあるツヤと潤いを与え、ビビリ毛の髪質改善に

過度なアルカリ膨潤により、ポーラス化してしまった髪を酸軟化させることで、18種類のアミノ酸が毛髪内部に浸透し、ケラチンタンパクを再構築させて修復します。                  

作業プロセス
プレシャンプー クレンジングシャンプー
リラクシングA+ボンドA 2:1で適量を塗布します
加温放置 20分
プレーンリンス プレーンリンス後、モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらを塗布
完全ドライ後アイロン施術 高温
アフターボンドB プレーンリンス後、髪の中間~毛先に塗布
プレーンリンス
アフタートリートメント モイスト(しっとり)or スムーズ(サラサラ)トリートメントのどちらかでフィニッシュ
   

※プレクスメントは、サロンでしかできない「髪質改善」システムトリートメントの新革命です。

グリオキシル酸について

グリオキシル酸とは

一部の植物や菌類が持ち、脂質からの糖新生を可能にするグリオキシル酸回路では、アセチルCoAと結合してリンゴ酸を作る。また、無電解めっきの還元剤としても使用される。 グリオキシル酸はヒトではエチレングリコールからシュウ酸に代謝される際の中間体で、体内で酸化を受けると
有害なシュウ酸が生成されることになる

(ウィキペディアより)

ジカルボン酸(マレイン酸)について

マレイン酸は

ジカルボン酸であるため、水への溶解度が高い(25℃で78g/100mL)。幾何異性体にはトランス型のフマル酸がある。これらは世界で初めて発見された幾何異性体の組である。 マレイン酸はクロルフェニラミンと塩にすると抗ヒスタミン薬として用いられるマレイン酸クロルフェニラミンとなる。 同じく抗ヒスタミン薬のマレイン酸フェニラミンやマレイン酸カルビノキサミンなども同様である。

(ウィキペディアより)

ご使用にあたって

本品はプロフェッショナル用製品です

一般の方がご購入されることは出来ません。必ず理美容室等の専門店にて施術されて下さい。また、理美容室様以外の本品の取り扱いは、薬事法上禁止されております。事前にご了承下さい。理美容室様よりのお問合せに関しましては、以下までメールもしくはお電話にて承ります。


この商品について

商品ジャンル システムトリートメント
販売対象 理美容室専用
記載元 (有 )プライダー 〒535-0002 大阪市旭区大宮3-2-5 TEL 06-6958-3651
記載メーカー (株)パイモア 〒590-0079 大阪府堺市堺区新町5-28 TEL 072-221-0888

ショップ情報

有限会社プライダー

〒535-0002
大阪市旭区大宮3-2-5
TEL.06-6958-3651
FAX.06-6958-3652
+.net@prider.com
→ショップ案内